ホーム>研究業績

2021

解説記事

TBA

学術論文

  1. D. Kimura, T. Irisawa, K. Takagi, K. Tahara, D. Sakurai, H. Watanabe, W. Takarada, M. Shioya, Mechanism for anisotropic thermal expansion of polyamide fibers, Sensors and Actuators B: Chemical ,344, 130262, 2021 Oct, doi Free DL (till July 31, 2021)
  2. K. Takagi, H. Iwai, C. Oiwa, T. Irisawa, M. Shioya, K. Masuya, K. Tahara, D. Sakurai, H. Watanabe, K. Asaka, Modeling and characterization for straight twisted polymer fiber actuators in blocked torsion: effect of radial thermal expansion, Smart Materials and Structures, 30(6), 065023-065023, 2021 Jun. doi
  3. K. Takagi, Y. Kitazaki, K. Kondo, A simple dynamic characterization method for thin stacked dielectric elastomer actuators by suspending a weight in air and electrical excitation, Actuators, 10(3), 40(14pages), 2021 Feb. doi
  4. 軸屋 一郎, 松田 樹生, 堀 恭明, 高木 賢太郎,圧電NCシャント制振における低周波側スピルオーバー現象,日本機械学会論文集,87(894),20-00101 (14pages),2021 Feb. doi

国際会議

  1. K.Hirasawa, K.Takagi, T.Inoue, A study on shunt damping performance, current servo response, and energy harvesting analysis for voice coil motors, SPIE Smart Structures+NDE 2021, 11590, 2021 Mar.doi
  2. Y. Kitazaki, K.Takagi, K.Kondo, A method to characterize the mechanical impedance of thin stacked DEAs by suspension and electrical excitation, SPIE Smart Structures+NDE 2021, 11587, 2021 Mar.doi

国内会議

  1. 東内 裕武,安達 悠河,田原 健二,舛屋 賢,入澤 寿平,高木 賢太郎,加熱と強制空冷の切り替えを伴う釣糸人工筋の位置制御のためのモデル化について,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会 2021,2021,6月
  2. 安達 悠河,東内 裕武,舛屋 賢,田原 健二,入澤 寿平,高木 賢太郎,釣糸人工筋の収縮速度を10倍以上改善するフィードフォワード制御と温度制限について,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会 2021,2021,6月

2020

解説記事

  1. 高木 賢太郎, 釜道 紀浩, 菊地 邦友,アクティブソフトマテリアルの応用へ向けて,計測と制御,59(11),779-784,2020 Nov. doi

学術論文

  1. K. Kondo, K. Takagi, Z. Zhu, K. Asaka, Symbolic finite element discretization and model order reduction of a multiphysics model for IPMC sensors, Smart Materials and Structures, 29(11), 115037 (17 pages), 2020 Oct. doi

国際会議

  1. H. Iwai, K. Takagi, C.Oiwa, K.Masuya, K.Tahara, T.Irisawa, M.Shioya, H.Watanabe, D.Sakurai, K.Asaka, On the fluctuation phenomenon of axial thermal stress of a torsional fishing-line artificial muscle (Twisted Polymer Fiber) actuator, SPIE Smart Structures+NDE 2020, Proc. SPIE, 11375, 113751H, 2020 May. doi
  2. K.Takagi, K.Kondo, Z.Zhu, K.Asaka, Recent studies on simplification of a multi-physics model of IPMC sensors, SPIE Smart Structures+NDE 2020, (presentation only, invited talk), 2020, May.

国内会議

  1. 岩井宏樹、高木賢太郎、入沢寿平、塩谷正俊、舛屋賢、田原健二,コイル型釣糸人工筋(TCPF)の粘弾性の温度依存性について,第21回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会,2020,12月
  2. 松本荘史、高木 賢太郎、岩崎 徹也、井上 剛志,Integral Resonant Vibration Control のロバスト性評価のための単純支持平板モデルについて,第63回自動制御連合講演会,2020,11月
  3. 平沢和也、高木賢太郎、井上剛志、小野田将紀、渡邉一史,ボイスコイルモータにおけるシャント制 振性能・電流応答性能・消費エネルギーの解析についての一考察,日本機械学会 機械力学・計測制御部門 Dynamics and Design Conference 2020,2020,9月
  4. 喜多崎湧也、高木賢太郎、近藤鴻多,誘電エラストマーの機械的インピーダンスを吊り下げ加振によってモデル化する手法の提案,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会 2020,2020,5月

2019以前

高木教授のResearchmap,もしくは名古屋大学井上研の業績ページをご覧ください

研究業績

  • 2021
  • 2020

ページの先頭へ戻る